渡邉医院

MENU
Main%e5%85%83

〒174-0071 東京都板橋区常盤台1-29-11

Main%e5%85%83

お知らせInformation

現在、お知らせ情報はありません

ごあいさつGreeting

Dr1

院長渡邉一征

産婦人科医院を営む両親のもとに生まれる。1969年日本医科大学卒業。両親の医院を継承し、長年診療と分娩に携わる。現在は産婦人科、婦人科を中心とした診療に専念。保健機能食品やサプリメントについてアドバイスするため勉強を続け、特に妊婦の栄養指導に力を注ぐ。幅広い世代の女性の悩みに応えるほか、スポーツ医学の専門家として女性アスリートの健康管理にも取り組んでいる。

幅広い世代の女性への栄養指導に力を注ぎ
アスリートの健康管理にも意欲的に取り組む

当院は開院以来70年以上、地域の女性の妊娠・出産と健康な毎日をサポートしてきました。現在は産婦人科、婦人科を中心とした診療に専念し、幅広い世代の女性への栄養指導に力を入れています。特に妊婦さんには妊娠初期の血液検査で不足している栄養素をチェックし、食事で効率よく摂取できるようアドバイスしています。妊娠中期に再度血液検査を行うと、妊婦さん自身が頑張っていても数値があまり改善されないことも。そのような場合には、食事で取り切れていない栄養分をサプリメントで補うよう提案することもあります。

もう一つ力を入れているのは、女性アスリートや部活動に励む女性生徒の健康管理です。競技のため体重を落とすことが貧血や骨粗しょう症にも影響することが問題視されています。婦人科の医師であり、スポーツ医学の専門家でもありますので、その立場からお役に立ちたいと考えています。私が学校などで健康と栄養についてお話しすることにより、若いうちから正しい知識を身につけ健康管理に生かしていただければと思っています。

当院の特徴Feature

特徴1

専門知識を習得した
院長による栄養指導

NR・サプリメントアドバイザーの資格を持つ院長が栄養状態をチェック。サプリメントの活用も含めて専門的にアドバイスします。

特徴2

ライフステージごとの
悩みに対応

妊婦さんに限らずライフステージごとに変化する女性の体のさまざまな悩みに寄り添い、栄養面から具体的にアドバイスしています。

特徴3

女性アスリートの
健康をサポート

スポーツ医学にも精通した院長が、過度な運動が引き起こす無月経や月経不順、骨粗しょう症などから女性アスリートを守ります。

診療内容Treatment

1

産婦人科

妊娠初期から32週までの間、妊婦健診を実施、分娩については連携する医療機関に引き継いでいます。健診ではエコー検査のほか、妊娠初期と中期の血液検査で不足している栄養素をチェックしています。食事で効率よく摂取できるよう具体的な栄養指導を行っています。食事だけで補えない場合にはサプリメントも活用しながら、妊婦さん自身と胎児に十分な栄養を取れるようアドバイスしています。

2

妊娠中に大切な栄養素

妊娠を考えている女性には、受精直後から必要となる葉酸の摂取をお勧めします。また妊娠中はタンパク質、鉄分、ミネラル、ビタミンB群をバランスよく取ることが母子ともに健康な体づくりに重要です。出産後は母乳のためにタンパク質を十分に摂取しましょう。食事だけでは必要な栄養を十分取れないこともあるため、特に不足しがちなビタミンB群はサプリメントで補うのも1つの方法だと思います。

3

婦人科

ライフステージごとに起こる女性特有の悩みにお応えしています。健康のためには毎日の食事からバランスよく栄養を取ることが重要。血液検査により不足している栄養素を割り出し、食事について具体的にアドバイスするほか、サプリメントの上手な取り入れ方もご説明しています。女性アスリートの過度な運動による体調不良についても、スポーツ医学の専門知識をもとにアドバイスしています。

診療時間Timetable

時間
09:00~13:00
14:30~18:00

アクセスAccess

渡邉医院

診療科目
産婦人科・婦人科・内科・小児科
所在地
〒174-0071
東京都板橋区常盤台1-29-11
TEL
03-3960-7885
駐車場
有(2台)
交通アクセス

東武東上線 ときわ台駅から徒歩6分

ページ
トップへ
Access